sachi’s santai diary

インドネシア語でのんびりという意味のsantai生活を目標に、日々好きな事をして生きているSachiのブログ

ダイエットとリバウンド

 

先日会社の同僚が、自己流で糖質制限をし2か月程で7キロ痩せたらしいのですが

止めたら一気に戻ったという話をしていました。

私が行っているダイエットも止めたら戻りますよ、と丁寧にもご忠告を頂きました。

そもそも私は今ダイエットしてないんですけどねw

 

そこで今日はダイエットとリバウンドについて書きたいと思います。

 

ダイエットとリバウンドで一番重要になるのが「ホメオスタシス」と「レプチン」です。この2つを理解すると少しだけ長くダイエットを続けられるかもしれませんね。

 

まずダイエットを始めると多くの人が食べる量を減らしますよね。

なぜなら摂取カロリー<消費カロリー=痩せるという方程式が一般的だからです。

 

この方程式は確かに合っていますが、人間の体はそんな簡単には作られていなく(笑)

摂取カロリー不足の状態が続くと元々危機管理能力が備わっている私たちの体は、

 

カロリーが足りないよ!体の消費抑えて!!とアラームを出します。

 

これがいわゆるダイエットの停滞期になり、この機能を「ホメオスタシス」と言います。

 

 

次に、食事を体内に入れた際に脳が満腹ですよ、と指令を出す機能を「レプチン」と言うのですがこのレプチン摂取量が変動した場合の下方修正には1か月ほどかかると言われており、逆に上方修正はすぐに行われると言われています。

 

 

さてそうなるとですよ、例えばダイエットを始めて2週間順調に体重が少しずつ減り、よしよし!と思っていたところ突然体重が減らなくなりました。何日頑張って食事を我慢しても全く減りません。さらにはもっと食事の量を減らします。でも体重は減りません。

そうです、ホメオスタシスが機能しているからです。

 

そこでもう無理!!と挫折してお菓子を食べてしまいます。

そうすると2週間くらいではまだレプチンは下方修正されていないので、体はエコモード(消費カロリーが抑えられている)状態で食べ物がどんどん入ってきます。今まで抑えられて食欲が爆発し、今まで以上に食べてしまう事もあるでしょう。

そうすると今度はレプチンがすぐに上方修正されて、ダイエットの時以上の量を食べないと満腹を感じなくなり、結果ダイエットを始める前よりもむしろ体重が増える!という事になります。

 

これがダイエット、リバウンドを繰り返すケースでどんどん痩せにくくなるのです。

 

 

そして今流行の糖質制限ですが、自己流で行っている人に多いのが糖質を制限した結果カロリーまで減らしてしまっているのです。

炭水化物を全く取らず、どんどん体重が減っていくのが楽しくなり、止めた後に食事を元通りに戻したら・・・それはもちろん元に戻りますよね(笑)

 

私も糖質制限していますが、カロリーはしっかり取っています!むしろ私の場合は今筋トレがメインなのでカロリーは結構多めに取っています。

 

さらに言うと、そのダイエット中その間全く運動をしていない又は有酸素運動のみだった場合も同じく簡単に元に戻ります。

 

一番リバウンドしにくいおすすめは

「食事管理と筋トレを行い、少しずつ体重を落としていく」だと思います。

 

 

 

ちなみに世間でライザップは止めたらリバウンドがすごい、って言われますよね。

 

私はライザップに通ったことは無いのですが、今パーソナルジムに通って個人的に思うのですが・・・

折角高いお金を払って自己投資して自分の為の運動や食事の管理方法を教えてもらったのに、自分の習慣に取り入れないのってもったいなくないですか?

少なくとも私は入会する時に可能な知識は全て吸収してこようと考えて入会しました。(それが対価だと思っています)

トレーナーさんは皆さん色んなことを勉強していてとても知識が豊富ですので疑問に思う事は都度教えてもらえば自分の知識になりますよね。

そのうえで自分の習慣に取り入れてしてしまえばパーソナルジムを止めても体重を維持することはできると思います。

 

それができたら苦労しない、という声が聞こえそうですが(笑)ちょっとしたきっかけ一つだと思います。

 

ダイエットが苦痛なものから楽しいものだと思える人が1人でも増える事を願います。

ちなみに空腹に耐えられるようになり、(今の私がそうですが)空腹感を楽しめるようになると良いですね! 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村