sachi’s santai diary

インドネシア語でのんびりという意味のsantai生活を目標に、日々好きな事をして生きているSachiのブログ

半日断食

   f:id:santaisachi:20180713135114j:plain

 

 

 

先日とある事がきっかけで半日断食という言葉を知りました。

朝食だけ食べないという物ですが、前日に最後に夕飯を食べてから16~18時間断食をするというルールです。

 

 

 

 

夜であればほとんど寝ているので何ら苦ではないですし、試しに朝ごはんだけ抜いてみて途中で空腹に耐えられなければ何かを食べてみようと思い気軽に試してみました。

すると、不思議なことに全く問題なくお昼まで過ごすことができました。

 

私達は子供のころから朝ごはんをしっかり食べないと頭が働かないよ、と昔から朝ごはんはモリモリ食べるという教育をされてきました。

ところが、これが今見直されているというのです。

何事も直ぐに信じてしまうのはどうかと思いますが、自分が気になる事は試して自分自身で証明するようにしています。

 

そもそも朝食は英語でBreakfast。Fast=断食をBreak=破る/終了するという事ですので朝食は断食明けの食事だったわけです。断食明けにいきなりがっつりご飯を食べれば体はびっくりしますよね。

 

そして体のリズムって実は3つに分類する事ができるのです。

1. 4:00~12:00 : 排泄の時間

2. 12:00~20:00 : 消化する時間

3. 20:00~4:00 : 代謝・吸収の時間

 

すなわち朝のうちに前日吸収されなかったものを排出し、それからお昼に初めて食べ物を入れる、それが理想だと言われています。

 

 

今日が初日ですのでまだ体に特別な変化はありませんが、あれだけ朝ごはんは食べなければ昼迄もたないと思っていた自分の考えがいかに固定観念に縛られていたことか、と気づかされました。

むしろしっかり朝ごはんを食べてしまうと、食後急激に血糖値が落ち、食べても食べてもお腹が空くという現象が起きます。

人の喜怒哀楽が激しいのは良くないとわかるのに、血糖値の上下が激しいのは見逃していたのです。人も血糖値もなるべくフラットにして生きたいと思います。

 

 

そして今回改めて思いました。固定観念を捨てて、自分の直感で良いと思ったものを積極的に取り入れたいと思います。

私自身、食の改善をしている今だから思いますが、本当に食べ過ぎだったと思います。今の私の食事を見て足りないよ、と周りの人は言うかもしれませんが、餓死しない程度に食べる。小食である、というのは逆に健康の為であると思います。

 

人間の体ってそんなにエネルギー要らないですよ、と今は声を大にして言いたいと思います。自分に必要なだけ食べる、これはとても重要だと思います。

 

無駄なぜい肉をそぎ落とし、無駄な食事を止める。これもシンプルに生きるための方法だと思います。