sachi’s santai diary

インドネシア語でのんびりという意味のsantai生活を目標に、日々好きな事をして生きているSachiのブログ

家の中まで洪水

11月から3月頃まで、ここインドネシアは雨季になります。
雨季とは言っても日本の梅雨の様に1日中降っているわけではなく、
いわゆる集中豪雨が夕方や夜中から朝方にかけてやってきます。

そして先日この雨季一番の集中豪雨がやってきました。
お昼の13時頃、突然辺りが真っ白になったと思ったら
バリバリバリ!!!という大きな音をさせて雷が鳴り
殴りつけるような大雨が夕方まで続きました。


そうなるとジャカルタの街中は洪水が起こり全てが麻痺します。

 

  f:id:santaisachi:20171212144232j:plain




こちらジャカルタのど真ん中がこの状態。


そんな中仕事が終わって家に帰って夕飯も食べ終わり、さてゆっくりと趣味の工作でもしようかな~と思って机に向かったところ・・・

あれ??工作用の布を入れている袋が濡れている(ナンカイヤナヨカン)
こっちも、あっちも皆濡れてる!!


えーーーー!!床水浸しだしーーー!!!


なんで??なんで??

ちょっと意味が分からないんだけど。と半分パニックになりつつも
冷静に原因を探ることに。
まずはメイドさんに連絡をし、もしかして今日あの雨の中窓開けてたりする?と
確認をしてみるもいやいや開けてないとの回答。そりゃそうだよね~
うちのメイドはインドネシア人だけど嘘はつきません!もう何年もの付き合いでこの子は本当に信用できるんです。

う~む。窓が原因じゃない・・・?でも窓の付近しか濡れてないんだよな・・・
で細かく調べてみると、なんと!!!窓の下に穴が開いてるじゃないですか!

  

 

      f:id:santaisachi:20171212145427j:plain

 


いつも床まで届く白いレースのカーテンで隠れていたからわからなかったけど・・・。
一応言っておきますが・・・
うちのアパートは決してぼろアパートではないんですよ(笑)ハイ。
でもこういう事はインドネシアではよくあります!
新築物件だって侮れません!水が流れないとか、穴が開いている、とか
日本だったら欠陥住宅になると思いますが、そんな概念はここにはありません(笑)


すぐにオーナーへ連絡して修理をしてもらう事になりました。
長年インドネシアに住んでいる私にとっては大したことではないですが、
久しぶりに、「そうだった、私インドネシアに住んでるんだった」と
思い出させてくれた出来事でした。


何があっても動じない、物事がうまく進まなくてもイライラしてはいけない。
初心忘れるべからず、と注意を受けた気持ちになりました。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村